アフィリエイトの確定申告を解説|初めての確定申告|チチとママの在宅アルバイト日記

トップアフィリエイト確定申告の体験レポート>アフィリエイトの確定申告の解説

アフィリエイトの確定申告の解説

勉強するうさぎの画像

初めてのアフィリエイトの確定申告を対象としているので、確定申告の種類は、白色申告について書いています

在宅アルバイト(アフィリエイト)は、一定の金額を超えると税金を納めるようになります

一般に聞く、パートの人は主人の扶養内で働くって事を聞く事が多いと思います。103万円って数字よく聞きますよね。この103万円というのはどうゆうことなのかと言うと

給与所得控除(65万円)と基礎控除(38万円)を足したものです

つまり主婦はアフィリエイトで年間の所得が38万円以上だと、所得税を納めないといけない!配偶者控除が受けられないって事です。

アフィリエイトって扶養から外れちゃうの??

アフィリエイトをやっていると、扶養から外れてしまうと、ビックリした人も多いと思います。私も最初はビクビクしていた時がありましたが、確定申告をするまで稼ぐにはかなりの時間がかかるし、アフィリエイトをやるのにかかる経費(プロバイダ代や電気代など)もあるので、確定申告ができるまで頑張るって結構大変です^^;

アフィリエイトを始めたばかりだと、収入も少ないので、確定申告について詳しくなくても大丈夫なのですが、アフィリエイトを長くやっていくと、収入もそこそこ増えてきます。

そこで、主人の扶養の範囲でアフィリエイトをするか、扶養を外れてたくさん稼ぐか、どちらかを選ぶ事になります。

私の計算だと月5万円くらいだったら、扶養範囲内で楽しくアフィリエイトができると思います。月5万円×12ケ月-経費=所得って感じになるのですが、年間で22万円くらいは軽く経費になってしまうので、確定申告をしなくても大丈夫って事になるからです。

上の私の計算のように、アフィリエイトの収入が年間38万円を超えていても、実際には経費がかかりますので、収入から使った経費を引いた所得が38万円を超えた場合に確定申告をするので、38万円稼いだからすぐに確定申告ってわけではありません。ちょっとは解っていただけましたか?(´-ω-`)ウーン・・・確定申告ってすごい難しい・・・

合わせて読みたいアフィリエイトの確定申告関連記事(^^)/

アフィリエイト確定申告の体験レポート
普通の主婦が個人事業主になりました!私の体験談です